独立行政法人地域医療機能推進機構徳山中央病院の連携医療機関紹介
身近な医師(かかりつけ医)をご紹介しています。

このページを印刷

トップページ > 坂本病院

坂本病院 新規登録 / 登録情報の修正

この医院の対応可能な医療機能を見る

診療科 内科 循環器科 消化器(胃腸)科 小児科 呼吸器科 人工透析
医院長名 坂本 達哉
郵便番号 742-0034
住所 柳井市余田3626-2
電話番号 0820-23-6800
FAX 0820-23-6802
ウェブサイト http://www.shoueikai-sakamoto.com
E-mail sakamoto-office@ion.ocn.ne.jp
診療スケジュール

午前 × × ×
09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00


午後 × × × × × × × ×








医院長あいさつ

医院長画像

[院長挨拶]
松栄会坂本病院は、山口県柳井市において急性期病院を退院された患者様のリハビリテーション、長期療養などの慢性期医療を担う療養型病院として病院運営を進めてまいりました。
 当病院では介護老人保健施設、特別養護老人ホームも併設しており、認知症、寝たきり状態で介護が必要な方や御家族の方のお手伝いをさせていただいております。
 これからの医療は急性期、亜急性期、慢性期のそれぞれ専門の異なった医療がメインとなります。私共は慢性期医療・介護の専門病院および施設として医療と福祉に主体的にかかわっていくことで、患者様のあらゆるニーズに対応し、サービスを提供できることを目標として全力を尽くしてまいります。
 また病院及び施設では通院可能な方だけでなく、長期入院透析、入所透析も積極的に受け入れております。
 急性期の基幹病院と連携体制を整え、『命を預けられる病院』を目標に、職員一同、地域の皆様に愛される病院となるように今後も努力してまいります。

[医院の特徴]
 当院は気候温暖な山口県南東部に位置する柳井市にて、昭和33年開業時より地域密着型医療を実践している療養型の病院です。
療養病棟として坂本病院(100床)と併設の介護老人保健施設まつかぜ(100床)、また隣接の田布施町に介護老人保健施設そよかぜ(80床)及び系列法人に於いて特別養護老人ホーム松風苑(50床)を運営しています。
 療養病棟の特徴としての長期入院に対応可能なため、県内外より長期療養の必要な寝たきり等の患者様のご紹介を受けております。
また、当院の最大の特徴である人工透析患者様の長期入院を受け付けているため、自宅での介護がご負担になるご家族様より非常に喜ばれています。
透析患者様は、自宅での生活が出来る間は通院透析にて対応し、自宅での対応が困難になったときに入院されるという方法を望まれるようです。
 要介護認定を受けておられる方は、併設の介護老人保健施設へ入所し、坂本病院へ通院という形での対応も可能です。


医院外観

医院長画像

地図

医院長画像

クリックで拡大

Google Mapsで確認

このページを印刷

徳山中央病院は、地域医療連携の一層の推進を目指しています

このページのトップへ