独立行政法人地域医療機能推進機構徳山中央病院の連携医療機関紹介
身近な医師(かかりつけ医)をご紹介しています。

このページを印刷

トップページ > しのはらクリニック

しのはらクリニック 新規登録 / 登録情報の修正

この医院の対応可能な医療機能を見る

診療科 泌尿器科 腎臓内科
医院長名 篠原 陽一
郵便番号 744-0015
住所 下松市大手町1-1-11
電話番号 0833-41-7700
診療スケジュール

午前 × ×
09:00-12:30 09:00-12:30 09:00-12:30 09:00-12:30 09:00-12:30 09:00-12:30

午後 × × × ×
14:00-17:30 14:00-17:30 14:00-17:30
14:00-17:30


医院長あいさつ

医院長画像

[院長挨拶]
サラリーマンの息子として育った私が中学生の時に、医師になろうと決心したのは何故だったのかを考えてみると、大橋先生の笑顔が大きく心に浮かんできます。 大橋先生は、私が子供の頃たいへんお世話になった小児科の先生です。 父の仕事の関係で小学3年生まで岐阜市に住んでいましたが、体の弱かった私はよく熱を出して先生に診ていただいていました。 大橋医院の待合室はいつも小さい患者と付き添いの親たちでいっぱいでした。 病気の子供が泣きじゃくり、その兄弟たちが走り回る、喧噪ともいえる毎日のなかで先生は、どの子にもどの親にも優しく声をかけられて診療にあたっておられたのです。
 
ひとりっ子だった私は、いつもクマのぬいぐるみを抱えていました。 ある日、高熱を出して母に抱かれて診察室に入った私に先生はニッコリ笑って「陽ちゃん、今日はクマちゃんも注射をするんだよ。 クマちゃんが泣かなかったら、陽ちゃんも泣かないね。」と言われ、クマの腕に注射をされました。 私はクマが泣き出すのではないかと一生懸命見張っていましたが、クマは泣きませんでした。 クマには負けたくない私は初めて泣かないで注射を受けることが出来ました。 それからの先生はずっとクマにも注射を打ってくださったのです。
こういう私の記憶は、母から後に聞いたことと交じり合っているとは思いますが、先生の子供の気持ちを大切にされた優しさは幼い頃の思い出として忘れることはありません。
 
月日が流れ、医師国家試験に合格した春に私は大橋医院を訪ねました。 先生に憧れて医師の道を選びましたと御報告したかったのと、なにかアドバイスをいただければとの気持ちからでした。 しかし様変わりした町並みのなかに大橋医院は見つかりませんでした。 私は以前に医院があったと思われる場所に立って、必ず先生のような医師になりますと誓いました。 そして先生のあの診療の日々のお姿こそが、この上もないアドバイスであったことに気づかせていただいたのです。
現在、泌尿器科の医師としての道を歩んでいる私ですが、大橋先生は今も私の心の中に生きておられ『初心を忘れるな』と励まして下さいます。

[医院の特徴]
当クリニックは積極的に地域社会に密着した貢献をしていきたいと考えています。
私は泌尿器科・腎臓内科を専門としておりますが、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)の予防・治療にも力を入れています。 また、血液透析・腹膜透析など腎不全の患者さまの治療も行っています。 


医院外観

医院長画像

地図

医院長画像

クリックで拡大

Google Mapsで確認

このページを印刷

徳山中央病院は、地域医療連携の一層の推進を目指しています

このページのトップへ