独立行政法人地域医療機能推進機構徳山中央病院の連携医療機関紹介
身近な医師(かかりつけ医)をご紹介しています。

このページを印刷

トップページ > 光武医院

光武医院 新規登録 / 登録情報の修正

この医院の対応可能な医療機能を見る

診療科 消化器(胃腸)科 外科 整形外科 皮膚科 リハビリテーション科 放射線科
医院長名 光武 達夫
郵便番号 743-0061
住所 光市大字小周防1633-1
電話番号 0833-77-3800
FAX 0833-77-3834
E-mail mitsutake-iin@comet.ocn.ne.jp
診療スケジュール

午前 × ×
08:30-12:30 08:30-12:30 08:30-12:30 08:30-12:30 08:30-12:30 08:30-12:30

午後 × × × ×
14:00-18:00 14:00-18:00 14:00-18:00
14:00-18:00


医院長あいさつ

医院長画像

[院長挨拶]
光武医院についてご紹介いたします。

私は昭和59年に光市の小周防に無床の診療所を開設いたしまして今年で24年になります。主として地域医療に携わってきました。
私共は患者さんの心身共に癒されることをも目標に、主として外来診療、そして在宅医療、往診、訪問看護等を行っております。

無床のため二次救急患者の受け入れは原則行っていませんが患者さん自身による一次、二次の判断が難しいためかよく二次救急と思われる方も飛び込んでこられます。
そのような方にも初期診療をしっかり行った上で、二次の病院へ紹介してバトンタッチして円滑に引き継いでいただくという体制を整え一貫して医療の質が落ちないように努力してまいりましたし今後とも地域の方々に気安く利用していただこうと考えております。


[医院の特徴]
光武医院は光市の小周防にあります。医院から光市の中心地までと、下松市郊外まで、柳井市郊外まではいずれも15分くらいで行けます。
徳山中央病院までも高速を使えば15分位で行けます。

斯様に四市の羽間に位置して利便性があるため、いろんな市から患者さんがこられます。外科、胃腸科を主体として標榜しておりますが、それ以外にもいろんな疾病の方がみえられます。一次医療機関、家庭医としては当然の事だと思っています。その中でも整形外科関係の患者さんが多く、腰痛、膝痛などの方々に東洋医学の鍼治療を行っています。また、院長は地域の学校や幼稚園の校医、園医を兼ね、怪我、スポーツ障害に対する手当てを行ったり、スポーツドクターとしても活動しております。更に、院長は認定産業医として、地域の周防工業団地の会社や工場のパトロールと健診にもあたっております。


[在宅医療の特徴]
光武医院は開院以来在宅医療にも取り組んできました。
在宅医療の内容はこの二十年間随分と変遷を繰り返し変わってきました。
介護保険も途中で加わり一層複雑になりました。

私共は、そういった中、基本の理念は変えず、往診、訪問診療、訪問看護を行いつつ在宅の患者さんを診てきました。胃ろうをつけた方、バルーンカテを入れて退院した方や、気管切開チューブを入れて帰られた方、様々な方がおられますが、家庭にその方を24時間ついて面倒をみてくださる方がおられるということが必須な事であります。私は在宅医療には「光と影」があると思います(光市医師会報投稿済み)。

自宅に帰られた患者さんは一安堵つきますが、きちっと患者さんの処置とか手当てが出来ていないと、まわりの介護する方々は大変な過大な負担がかかってきます。家族は過重労働になり、うまくいきません。その辺がよく出来ておれば終末期医療も満足のいけるものが出来てきます。


医院外観

医院長画像

地図

医院長画像

クリックで拡大

Google Mapsで確認

このページを印刷

徳山中央病院は、地域医療連携の一層の推進を目指しています

このページのトップへ